HOLO HOLO

ekahi.exblog.jp ブログトップ

PPHE

ここんとこお仕事サボっててごめんなさいm(_ _)m

10月11日、イベントがありました。
パンパシフィックフラエキシビジョン。通称、PPHE。
日本で行われるフライベントの中でも最も見応えのある舞台。
今年も我がハラウが出演しました。

観るものだと思っていたPPHEに、出演するかもしれなくなりました。
「出るべきなら、ちゃんと出られます」
ってゆってくれた人がいましたけど、結局出演できませんでした。
どんな理由があるにしろ、出られなかったということはまだ出るべきではないということ。

舞台は、出るまでの過程(レッスン、レッスン、レッスン)が好きで、実は出演すること自体は苦手だったりします。
なぜなら、極度のきんちょーしぃだから。
今回も出ないとなったとたんに、どれだけ身も心も解放されたか・・・

そんなPPHE。


*やっぱりカマイレ

みんながどんな練習を積んできたのか知っているので、思い入れがありすぎて贔屓目なしに見ることはできませんでした。
あれー、レッスンと違うなって思ったら、直前のレッスンでフォーメーション変更になったそうです。それに応えられたみんなは本当にすごい。

クプナとワヒネのコンビネーションが見事で、カマイレの個性が際立っていました。ワヒネのダウンが低いよねー。。
一人ひとりを確認しながら、感動して鳥肌が立ちっぱなし。
私にはこの日一番のステージでした。


*さすがカフラオ

それにしてもさすがPPHE、レベルがたかーい。
どこのハラウも洗練されてきているなーって感じました。ま、錚々たるハラウばかりですから。
圧巻はやっぱりカフラオ。クプナのコミックフラで会場を沸かせて、ワヒネで魅せつける。
圧倒的な存在感。やっぱり京子先生って、カフラオってすごいです。


*ハワイのフラ

ハワイからの豪華なゲスト達もPPHEの大きな見所。
それにしてもいつもいつも思うのは、なぜハワイの人たちの踊りは見る人をこんなにも楽しませてくれるのか、ということ。
見ている方が自然と笑顔になる。
それには、踊っている方が楽しんでいないと絶対にできないわけで、緊張感タップリな日本人のフラとは質が全く違います。

そーゆー意味ではカマイレのカネは見る人を楽しませてくれるフラ。
最後に円陣なんか組んじゃって、「なんだ、自分たちが一番楽しんでるじゃん!」って。
いや、それが正しい姿なんです。だって、楽しかったもん。




カマイレに入ってから、あまり他のフラは見ないようにしていたので、久しぶりにたくさんお勉強できました。
やっぱりフラを見るのは楽しい!



終演後、カマイレ会は去年と同じように会場の外で集合。
去年の私はここでカマイレ先生とキャプテンに握手をおねだりしたんだっけ。
あれから一年が経って、私はその輪の中にいました。


舞台には立てなかったけど、ちゃんと前進してるはず。

たぶんね。。
by ekahi | 2009-10-14 17:31 | フラ
line

カールとカールママのあんなことやこんなこと


by ekahi
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31